Mental Health Care - This web site contents

What's New
2017.06.15 松崎一葉先生の著書が、ダイヤモンドで紹介されました。「エース級社員がつぶされる…「クラッシャー上司」の実態」
2017.03.15 松崎一葉先生の著書が、東京新聞(3月13日)で紹介されました。「要注意!!クラッシャー上司(下)暴れても、真に受けないで」
2017.03.10 松崎一葉先生の著書が、東京新聞(3月6日)で紹介されました。「要注意!!クラッシャー上司(中)異論許さず革新の芽つぶす」
2017.02.27 松崎一葉先生の著書が、東京新聞(2月27日)で紹介されました。「要注意!!クラッシャー上司(上)有能だけど…人の痛みに鈍感」
2017.01.13 MMS開発者 松崎先生の著書 「クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 」(PHP新書)好評発売中!
2016.12.12 【年末年始休業のお知らせ】 誠に勝手ながら、 2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)まで、年末年始休業とさせていただきます。
2016.08.12 ストレスチェックPRAS がスマートフォンからでも回答できるようになりました。
2016.08.12 ストレスチェックPRAS-English(英語版)をリリースしました。
2015.04.22 MMS提携医療機関に、新宿ゲートウェイクリニック(東京)が追加されました。
2014.06.20 「企業における従業員のストレスチェック義務化」衆議院で可決されました。(2014.6.19) ⇒今すぐ対策が必要です。(MMS導入例)
2014.04.30 MMS提携医療機関に、尾子クリニック(仙台)が追加されました。
2014.04.11 5月21日第87回日本産業衛生学会(岡山県)に参加します。 ⇒ 終了致しました
2014.03.18 MMS提携医療機関に、東北福祉大学せんだんホスピタル が追加されました。
2014.02.19 MMS開発者・松崎一葉先生の記事が、週刊東洋経済に掲載されました。「特集・うつの正体―うつ再休職の背後に発達障害」
-MMSサービスについてのお見積もりはこちらから。

ABOUT MMS Digest

「ストレスチェック制度」についてはPRASにお任せください。

PRASとはPreventive Risk Assessment Systemの頭文字をとったもので、法律に準拠した「仕事のストレス要因」「周囲のサポート」「心身のストレス反応」の3領域を含み、これにSOC(前向き度)とSE(自己信頼度)という独創的な「個人のストレス対処能力」を加えた構造になっています。2003年から蓄積したデータを元に「数値化された根拠(エビデンス)」で解析・解説します。

ストレスチェックが制度化されたので、
とりあえず実施してはみたものの…

  • ●データ(集団分析)をもらったけれど読み方がわからない
  • ●具体的な職場改善の方法がわからない
  • ●上に報告するのが難しい
  • ●各部署の上長にどう説明してよいかわからない

・・・ このようなお悩みもPRASなら解決されます。

ストレスチェックPRASの特徴

Q:どのような方法で回答できますか?
web、スマートフォン、紙、マークシートなど、回答環境やご都合に 合わせて選択できます。 さらに、英語、中国語、ポルトガル語の3ヶ国語で回答できます。

Q:前回は厚労省推奨57項目版でストレスチェックを実施しましたが、そのデータは活かせますか?
はい。今年度PRAS-premiumを採用していただければ、 昨年度のデータを活かし、高ストレス者比率などについて 今年度の結果と比較することができます。

Q:基本となるデータ分析の強みは何ですか?
PRAS-premiumは、偏差値化したデータを14年間分保管しています。 偏差値なので比較が容易です。
また、このデータベースをもとに標準値を細かく算出し、 属性(部署・所属・性別・年代)ごとの比較を実施します(※有意差検査あり)。

データを職場改善・社内報告に活用いただけます。

Q:PRASによる集団分析の特長はどのようなものですか?
PRAS-premiumは、ストレスを強める要因、弱める要因、対処能力などを カテゴリー化し、これを部署別の一覧表に表示することで、視覚的にどこが良いか悪いかが、一見してわかるようになっています。

Q:わかるのは今年度の結果だけですか?
個人にフィードバックする結果表(A3サイズ)には、過去3年分表示可能です。また、集団分析は複数年にわたり時系列分析を行っています(種類により年数は異なります)。

Q:社内で報告するためのツールはありますか?
担当部署から上長・経営層に結果報告するための資料(社内報告用サマリー)を用意しています。 また、経営層が会社のストレス構造を熟知し、改善方向についての 決定が下せるように、腹落ちしやすいプレゼンテーションを用意しています。

Q:職場改善に役立つツールがありますか?
社内各部署の上長向けに、「全国平均」「会社平均」「前回平均」などと自部署を比較した資料集(部署別ダイジェスト)を用意しています。 自部署の問題や課題に対して、上長から部下への「働きかけ方」をまとめたTipsも掲載されています。 また、メンタルヘルスや自部署の改善課題などに対する疑問や悩みに対して、経験豊富な臨床心理士が応える「マネジャーサポートデスク(MSD)」を整えています。